エリア別のみどころ・観光スポット

十和田市・十和田湖の観光情報


官庁街通り【駒街道】
官庁街通り【駒街道】

官庁街通り【駒街道】

整然とした街並みの中で、とりわけ市民が誇りに思う道、それが「官庁街通り」。戦前当地が馬産地であったことから、帝国陸軍の軍馬補充部が設置され、周辺地区には広大な畑地と多くの厩舎があり、軍馬の生産に当ったほか、周辺の農家で育成された馬を買上げたことから馬市はこの地方の名物としても賑わった。この馬市は、戦後に軍馬補充部が解体されるまで当地繁栄の重要な役割を果たしてきた。十和田市官庁街通りはこの時代の軍馬補充部事務所本部の正門から本部庁舎までの主幹道路のあとで、その両脇に植えられている松や桜並木は、当時の面影を残している。この整然とした通りを生かし、昭和44年都市計画街路として、総延長1.1キロ、幅員36メートルの通りとして誕生した。植樹帯には、樹齢100年からの赤松(168本)、ヨシノザクラ(156本)のほか、花壇も配置され、道の両側には、40を超える国・県・市の官庁が並び、熊本市、丸亀市と共に都市基本法の「事務所街区」にも指定されている。この官庁街通りは、四季折々の祭りを開催するなど常に市民に親しまれていることから、昭和61年8月10日に建設省から「日本の道・百選」に選定され、また平成4年には、駒街道として「新・日本百景(旅の手帳誌)」にも選ばれている。

十和田現代美術館

十和田市現代美術館

展示作品は「都市、自然そしてアートの共生」をテーマに、国内外の21名のアーティストがオリジナルで制作したものです。作品は展示室のみならず、中庭・屋上など至ることろにあり、官庁街通りにもつながりを持つことで、オープンなアート空間を実現しています。

営業時間:展示室 9:00−17:00 (入館は16:30まで)
  休憩スペース 9:00−17:30 (ラストオーダー17:00)
定休日:月曜日 (祝日の場合は翌日)
入館料: 510円(高校生以下は無料) ※企画展別途料金
お問い合せ先:十和田市現代美術館
 TEL 0176-20-1127  FAX. 0176-20-1138
http://towadaartcenter.com/web/towadaartcenter.html

アートが街を変える、アーツ・トワダ

街の活力を掘り起こし、さらに魅力的な街づくりを
していくための「アーツ・トワダ」プロジェクトが
スタートしたのは2005年。官庁街通り全体を美術
館に見立て、アート作品の設置、十和田現代美術館
の建設、アートプログラムの3つの活動を5年かけ
て進めていく計画です。2008年、ついに中核とな
る美術館が開館し、国内外からアーティストや来場
者が続々と訪れています。また、官庁街をはじめと
して市内の至る所に多数の彫刻が設置されており、
彫刻散策を楽しめます。

とわだ彫刻散策



1.好奇心 (大森達郎・作)
2.蹄鉄型道路案内板 (大森達郎・作)
3.鞍型歴史案内板 (大森達郎・作)
4.かえり道 (山本正道・作)
5.早 蕨  (佐藤忠良・作) 
6.慈しみ  (鈴木徹・作)
7.桜の広場
8.風    (佐藤忠良・作)
9.光と風と (峯田敏郎・作)

十和田アートマップ

十和田市馬事公苑 称徳館

十和田市馬事公苑 称徳館

十和田はかつて多くの名馬を輩出し、軍馬の育成に力を注いだ街でした。馬産地日本一を誇り全国各地から名馬を求め多くの人が訪れ三本木原に繁栄をもたらしました。十和田市馬事公苑ではその歴史を大切に守りながら伝えています。
称徳館は全国でも珍しい「馬の文化資料館」です。馬にまつわる多彩で興味深い資料が充実しており、立体ハイビジョンや乗馬シミュレーションなどの体験コーナーも人気があります。

開苑時間: 8:30〜18:00 (4/1〜10/31)
     8:30 〜17:00(11/1〜3/31)
休苑日:月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29〜1/3)
お問い合せ先:称徳館
        TEL.0176-26-2100

駒っこランド

全国的にも貴重な馬の文化資料館。馬に関わる歴史的文化財や美術品などを常時5,000
点あまり展示しています。その他、語り部による民話を楽しめる「民話シアター」や
「乗馬シミュレーター」などの体験コーナーもあります。

■お問い合せ先:駒っこランド TEL. 0176-20-6022
 http://komakkoland.jp//

手作り村 鯉艸郷

手作り村 鯉艸郷

約9,000坪の園内に花菖蒲園を開設、現在はルピナス・芍薬・山野草園も増設。6月〜7月にかけての「花菖蒲まつり」期間中は、約20万株の花菖蒲をはじめ園内の花々が次々と咲き誇る美しい風景を楽しむことができます。また園内の食堂「鯉艸亭」では、ここでしか食べられない「手打ち水車そば」「わっぱとりめし定食」などを味わうこともできます。

開館時間: 9:00−17:00
休館日: 5〜7月無休、8〜10月は土・日・祝日営業
入館料: ホームページをご覧下さい。
お問い合せ先:手作り村 鯉艸郷
        TEL. 0176-27-2516 FAX.0176-27-2544
http://www.risoukyo.com/

ノースビレッジ

道の駅「奥入瀬」奥入瀬ろまんパーク

奥入瀬観光の東玄関口にある道の駅。広大なエリアに、憩いの場「親水公園」や100種類の樹木・草花が楽しめるコニファーガーデンでは、自然をゆったり満喫できます。「四季彩館」には、地元のとれたて野菜や特産品が勢揃い。麦酒館では4種の地ビールが味わえ、またステーキレストラン「味蕾館」や手作りハウス「味楽工房」には、こだわりのおいしさが充実。家族揃って一日中楽しめる空間です。

営業時間: 観光物産館「四季彩館」8:15−19:00
「味蕾館」「麦酒館」10:00−20:00
「味楽工房」8:30−17:30
定休日:年末年始(12/30〜1/1)
お問い合せ先:十和田湖ふるさと活性化公社
        TEL. 0176-72-3201 FAX. 0176-72-3204
http://www.oirase.or.jp/

道の駅「とわだ」とわだぴあ

道の駅「とわだ」とわだぴあ

朝どりした野菜がなくなると、昼にまた届くシステムなので、常に新鮮で豊富な種類の野菜が並びます。スイーツの「田んぼのケーキ」という米農家の方が生み出した米粉のパンやケーキは、ギュッと重厚感のある食感が大人気。遊具や場外馬券場、体験工房(匠工房)なども併設されているので、のんびりとした休日にはもってこいのスポットです。

開館時間:6:00−21:00(3〜10月)
7:00−20:00(11〜2月)
休館日: 年中無休
お問い合せ先:道の駅「とわだ」とわだぴあ
        TEL. 0176-28-3790 FAX.0176-28-8055

今月のオススメ情報

特集

 

 

リンク

青森県立美術館

あおもり

青森みち情報


□お役立ちリンク集

お問い合せは十和田市観光協会まで

▲このページのトップへ